妊活のお酒の適量とは

妊活であまりお酒を飲みすぎるのは良くないというのは有名ですよね。そのため妊娠中や授乳中にお酒を飲むのがダメだと思って飲まない人は多いです。

ただ妊活中は、妊娠とちがってお酒を断る理由があいまいなので、会社での飲み会などの付き合いをどうしようか悩んでいる人も多いです。

実際に妊活を行う数ヶ月?1年余りも禁酒生活が続くことはストレスに感じるかもしれないですね。

妊活でのお酒はどのような影響を及ぼすのでしょうか?そもそも具体的にどのような影響を及ぼすのか知っておかないとなかなか妊活でお酒を止めるということが取り組めない人もいるのではないでしょうか。

妊活でお酒を飲みすぎると女性ホルモンに影響が出てしまいます。

お酒を飲みすぎて肝機能が低下すると、肝機能で分解されるはずの女性ホルモンが上手く分解されず妊娠に必要な本来の働きが弱まってしまう可能性があるので注意が必要です。

お酒などのアルコールについては、厚生労働省によると妊娠に気付く前の飲酒は胎児の発育に影響し、大量に飲めば胎児性アルコール症候群流産や死産の可能性があるみたいです。

そう考えるとできるだけお酒は控えるようにした方がいいことが分かると思います。特にお酒の飲みすぎは論外だと思ったほういいです。出会い系サイト ランキング