iDeCo(イデコ)で老後資金と節税を両立しよう

iDeCo(イデコ)は個人型確定拠出年金と呼ばれており、年金が心元ない現代では大切な老後資金を溜めるための資産運用手段として注目されています。

iDeCo(イデコ)は老後資金対策としてはかなり有望な資産運用方法になっており、、これまでは入れる人が限られていましたが、制度が改正されて、20歳以上60歳未満なら基本的に誰でも加入可能な制度になりました。

iDeCo(イデコ)の大きな特徴は税金面での優遇措置にあります。iDeCo(イデコ)の利益には税金がかからないだけでなく、投資した分は節税に繋がるので非常にメリットが大きいです。

60歳まで引き出すことができないというデメリットはありますが、それを差し引いてもメリットが非常に大きいので利用する価値は十分にあるのではないかと感じます。

iDeCo(イデコ)では最初の手続きが面倒なことや、金融機関を選ぶ際に慎重に選ぶ必要があるなど、自分で選ぶ必要があるという自己責任部分がありますので慎重に選びましょう。

iDeCo(イデコ)は証券会社や銀行などから選ぶことになりますが、その際に注意したいのが口座管理手数料信託報酬になります。

こういった部分を考慮してどこがお得なのか情報を仕入れてしっかりと自分なりに検討するようにするといいかもしれないですね。https://www.m-exclusive.jp/